乳がん

 大人の女性の乳房は、乳頭を中心に乳腺が放射状に15~20個並んでいます。それぞれの乳腺は小葉に分かれ、小葉は乳管という管でつながっています。乳がんの約90%は乳管から発生し、乳管がんと呼ばれます。小葉から発生する乳がんが約5~10%あり、小葉がんと呼ばれます。
 患者年齢は30歳代から増加し始め、50歳前後にピークを迎え、その後は次第に減少します。近年、患者数、死亡率は増加しています。
 乳がんの発生、増殖には、性ホルモンであるエストロゲンが重要な働きをしています。体外からのホルモンとして、経口避妊薬の使用や閉経後のホルモン補充療法によって乳がんのリスクが高くなる可能性があるとされています。生理・生殖要因としては、初経年齢が早い、閉経年齢が遅い、出産歴がない、初産年齢が遅い、授乳歴がないことがリスク要因とされています。

症状

乳房にしこりが触れることで気付かれます。乳がんは5mmぐらいから1cmぐらいの大きさになると、自分で注意深く触るとわかるくらいのしこりになります。しかし、しこりがあるからといってすべてが乳がんであるというわけではありません。触診により疑わしい所見の場合はより詳しい検査を追加します。乳がんが皮膚に達すると、えくぼのようなくぼみができたり、赤く腫れたりします。

検査

触診、乳腺の超音波検査、マンモグラフィ―(乳房のレントゲン検査)、MRI検査、CT検査などがあります。十分な乳癌検査には乳房触診・乳房超音波検査・マンモグラフィーの3検査が必要です。乳腺外来を行っている病院をご受診下さい。

治療

専門病院での手術療法、放射線療法、ホルモン療法などがあります。

※上記のようにエストロゲンを含むピルは、長期間服用を続けることで乳癌のリスクを増加させます。その為、副作用チェックとして、定期的な乳がん検査が必要です。当院では、長期間ピル処方を受ける方を対象に必ず乳がん検査を行っております。

>>定期婦人科健診