月経前症候群(PMS)

 月経前症候群(PMS)とは、「月経の1~2週間位前からおこり、月経開始とともに消失する、周期性のある一連の身体的、および精神的症状を示す症候群」と定義されています。簡単に言うと、生理前に体調や気分が悪くなり、生理が始まると自然に軽快する状態のことをいいます。

症状

 身体的症状・精神的症状があります。
身体的症状は、下腹部膨満感・下腹痛・頭痛・乳房痛・乳房が張る・腰痛・関節痛・むくみ・にきび・めまい・便秘や下痢・吐き気・動悸などです。
精神的症状は、怒りやすい・憂鬱・緊張・判断力低下・優柔不断・無気力・孤独感・疲れやすい・不眠・パニック・妄想症・集中力低下・涙もろい などがあります。

治療

 まずは、悩んでいる症状がホルモンによる影響であるということを、ご自身やご家族が認識することで、とても精神的な安定が得られます。そして、生活習慣を見直すことで軽快する方もいます。症状の重い方はご相談ください。

などを組み合わせて、個人個人に合った治療を行っています。