子宮がん

 子宮がんとは、子宮にできるがんのことですが、部位により『子宮体がん』、『子宮頸がん』に分けられます。

子宮体がん

 患者年齢は、40歳代後半から増加し、50歳代から60歳代にピークを迎え、その後減少しますが、近年は年齢に関係なく増加傾向にあります。
子宮体がんは、エストロゲンによって増殖するタイプと、エストロゲンに関係なく発生するタイプに分けられます。確立したリスク要因としては、閉経年齢が遅い、出産歴がない、肥満、エストロゲン産生腫瘍です。薬剤では、乳がんのホルモン療法に用いられるタモキシフェンや、更年期障害等に対するホルモン補充療法などで用いられる、エストロゲン製剤の単独使用などが挙げられます。その他のリスク要因として糖尿病、高血圧、乳がん・大腸がんの家族歴との関連が指摘されています。
最も多い症状は出血です。特に、閉経後に少量ずつ長く続く出血がある時は、早めに婦人科を受診し、子宮体がんの検査を受ける必要があります。検診などで、子宮がんの検査という場合、子宮頸がんのみの検査を指すことが多いので、注意が必要です。
 検査は、超音波検査、子宮内膜の細胞診検査、腫瘍マーカーの血液検査などです。
 治療は、病気の広がり具合により外科手術、放射線療法、化学療法などが選択されますが、初期であるほど治療成績が良いので、早期発見が大切です。

子宮頸がん

 患者年齢は、20代後半から30代に急増し、若い女性の発症率が増えています。女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位です。初期には全く症状がないことが多く、自分で気づくことは困難です。そのため、不正出血やおりものの増加、性交のときの出血などに気がついた時には、がんが進行しているということも少なくありません。
 がんが進行すると、子宮をすべて摘出する手術が必要になることもあり、妊娠、出産の可能性を失い、女性にとって心身ともに大きな負担となります。また、まわりの臓器にがんが広がっている場合には、子宮だけではなく、卵巣やリンパ節など周囲の臓器も摘出しなければならなくなり、最悪の場合、命を失う危険性もあります。  しかし、早期発見で治療でき、予防ワクチンも出ているがんです。未成年でも性行為のある方、20歳を過ぎた方は毎年の検査が必要です。
 検査は、子宮頸部の細胞診検査で、内診時に数秒で終わる痛みのない簡単な検査です。
 治療は、手術療法が選択されることが多いですが、早期発見であれば子宮頸部円錐切除術で治療することもできます。
 原因としてヒトパピローマウィルス(HPV)があります。HPVの感染経路の一つに性行為があります。多くの場合は、感染しても免疫力によってウイルスが体内から排除されますが、一部の方は排除されずに感染から約10 年以上をかけ、子宮頸がんへと進行する危険性があります。近年は、ワクチンで一部のHPVへの感染を予防できるようになりました。しかし、このワクチンは全ての型のHPV感染を防げませんし、すでに感染しているHPVを排除したり、発症したがん細胞を治す効果はありません。子宮頸がんを完全に防ぐためには、婦人科で診察の上、ワクチン接種を受けてください。予防ワクチン接種後も、1年に1度は子宮頸がん検診を受けることをお勧めします。

>>子宮頸がん予防ワクチン
>>定期婦人科健診