子宮内膜症

 子宮内膜症とは、もともとは子宮の内側にある膜が、子宮の内側以外の場所にできてしまう病気です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も、本来の子宮内膜と同じように、生理と同じサイクルで女性ホルモンの影響をうけ、増殖や出血を繰り返します。子宮以外で増殖した内膜や血液は体外に排出されません。そのため、毎月生理のたびに炎症を起こし、ほとんどの場合、閉経するまで少しずつ進行していきます。

内膜症と不妊に関して
 子宮内膜症になったすべての人が不妊になるわけではありませんが、不妊女性の20~40%に子宮内膜症がみられます。妊娠の希望に関しては主治医によくご相談ください。

症状

検査と診断

子宮の位置や形を確かめ、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気でないか、子宮やその周りの臓器を調べます。問診で検査内容を医師と相談して決めることができます。

治療

年齢やライフスタイル、妊娠の希望などにより治療法の選択は様々です。

すぐに妊娠を希望しないときは‥‥
未婚者や、既婚者でも将来的には妊娠を考えているが今は希望していないという場合は、薬物療法が選択されます。痛みの程度に応じて、自分にあった薬物治療を選択することが望ましいです。

早く妊娠したいときは‥‥
早く妊娠希望がある方は、子宮内膜症の程度に応じて治療方法が異なります。

「子宮内膜症性嚢胞」のある場合は、手術を選択する場合もあります。直接、病変を取り除き、妊娠の妨げになっている癒着をはがします。また、すぐに妊娠を希望しない人でも「卵巣チョコレート嚢胞」が直径5~6cmを超えている場合、疼痛症状が強い場合は手術を選択する場合があります。