子宮腺筋症

 子宮内膜が子宮の内側の筋層内に入り込んで増殖し、子宮内の壁が分厚く、子宮全体のサイズも大きくなり、生理時の子宮収縮時に痛みがひどくなります。

主な症状

 子宮自体の肥大化により、生理痛がひどくなる、出血量が多くなる(月経過多)、貧血の症状が出るなどがあげられます。また、生理のとき以外にも下腹部痛や性交痛などがあります。しかし、自覚症状のない人も少なくありません。

検査

 経膣超音波で検査します。

治療