生理痛(月経困難症)

 生理の時に、多くの女性が腹部の痛みなどを感じます。一般的に生理に伴う痛みを生理痛と呼びます。また、生理中だけでなく時期によって、下腹部の痛み以外にも様々な症状を伴うことがあります。
 なかでも日常生活に支障をきたすほど重症の場合を月経困難症と呼び、検査や治療の対象となります。

 月経困難症は、機能性と器質性の2つのタイプに分かれます。

 機能性月経困難症とは、器質性のような明らかな病気の要因はなく、ホルモン分泌量が多いなどの体質や心理的なストレスなどが原因で起こると考えられているものです。一般に、思春期~20代前半に多い生理痛です。主な要因は、原因となるホルモンの分泌量が多い 、子宮や卵巣が未成熟、冷え、ストレスなどがありますが、月経の前後など、どの時期に多いかで要因や症状が異なることがあります。

  器質性月経困難症とは、子宮や卵巣になんらかの病気が隠れているもので、検査や治療が必要です。20代後半から多くなり、生理痛をはじめとする症状は、生理初日~3日目頃を過ぎても続き、生理期間以外にも痛みが生じることもあります。主な原因は、子宮内膜症子宮腺筋症子宮筋腫などです。 詳細はそれぞれのページをご参照ください。

検査

 まず器質的な異常を確認する為に、超音波検査などを行います。機能性月経困難症の場合は、ホルモン検査などを追加する場合もあります。

機能性月経困難症の治療法

 病気が隠れていない月経困難症の治療法は痛みの軽減です。薬の処方に加え、普段の生活の中でできる方法があります。積極的に取り入れていきましょう。

薬の処方(痛みを軽減するために)

日常生活の中で工夫できること