婦人科健診の勧め

自覚症状や困った事が無ければ、なかなか婦人科を受診しようとは思わないものです。
しかし婦人科の病気には、子宮頸がんのように無症状で進行してしまう病気や、不妊症の原因になる病気もあります。
このような病気は早期発見・早期治療が重要で、20歳を過ぎたら年一回の定期健診を受けることが推奨されています。
どのような検査があるかと言うと、子宮頸がん検査と超音波検査(エコー検査)の二つです。

子宮頸がんは症状を伴わずに進行してしまうため、見つかった時には手遅れな状態だったり、手術は出来たけれど子宮や卵巣を失うことになり、子供を産むことが出来なくなってしまう事もある怖い病気です。
早期発見することにより、もしも癌になってしまっても子宮を温存できたり、完治を目指すことが出来る病気です。

超音波の検査では、子宮と卵巣に物理的な異常がないかを見ることが出来ます。
例えば、卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮肉腫、子宮内膜症、等々いろいろな事が分かります。
逆に言うと超音波検査をしないと、分からないことが多いです。

超音波検査では子宮頸がんを見つける事は出来ませんし、子宮頸がん検査では卵巣癌などを見つける事は出来ません。
この二つの検査は両方行っても1分以内で済みます。
こんなに手軽に受けられて、病気の予知能力が高い検査は他にはなかなかありません。
学校や会社で年一回以上健康診断があるのと同じように、何も症状が無くても年一回は婦人科健診を受けるように強くお勧めします。