月経移動(生理をずらす)

 次回の生理予定日が、旅行やスポーツ、重要なイベントなどの日程と重なってしまう場合、ピルを服用することで生理周期をずらすことができます。月経移動には、生理を早める方法と、遅らせる方法があります。次の生理予定日までの日数で、方法の選択を行います。生理を早めたい場合は、生理開始後1 週間以内、 生理を遅らせたい場合は、生理予定の2 週間前までに受診してください。
成功率は100%ではありませんのでご了承ください。

生理を早める方法

 生理が始まって5日目より生理を避けたい日程の2週間前まで1~2週間ピルを服用します。ピル内服終了日の数日後から出血が始まります。 生理を早めたい方は、できるだけ早く受診してください。

メリット :生理を避けたい期間に薬を飲まなくてすみます。
デメリット:薬の内服期間中に少量の出血がある場合があります。

生理を遅らせる方法

 生理予定日の7~10 日前から、生理になりたくない日程の最終日まで内服します。服用を止めて数日後に出血が始まります。数日後に始まる生理を遅らせることはできませんし、3週間以上遅らせることも難しいです。 この方法では排卵日以降にピルを内服するので、妊娠の可能性が無いことが条件になります。

メリット :正しく服用すればほぼ確実に月経を遅らせることができます。(早める方法よりも確実です。)
デメリット:ピルによる副作用(個人差あり)が出た場合には、内服中ずっと辛くなってしまう場合があります。

ピル内服の注意事項

ピルは1日1回1錠を24時間ごとにきちんと内服する必要があります。 飲み忘れると、生理がきてしまうことがあります。 副作用としては、吐き気、気持ち悪さ・頭痛・乳房痛などが出ることがあります。

薬代 ¥2,000~ (2週間服用の場合。診察料は含まれません。)