避妊方法

 避妊方法にはいくつかあり、避妊率や費用が異なります。妊娠を望まない方の、個々のライフスタイルに合った避妊方法のご相談にのります。

低用量ピル(経口避妊薬)

避妊失敗率:約0.1~0.8%
費用:1シート(28日分) 2940円
メリット :・月経周期が整う(予定を組みやすい)
      ・月経困難症(月経痛)や子宮内膜症の改善
      ・月経量が少なくなる、貧血が改善する
      ・ニキビが改善する
デメリット:・毎日忘れずに飲まなければならない
      ・定期的な通院が必要(処方と検査)       
      ・軽い副作用(吐き気・頭痛・胸のはり・下腹部痛)       
      ・重篤な副作用(乳癌・血栓症)

 女性ホルモンの錠剤を、毎日1錠ずつ飲むことで排卵を防ぐ方法です。タバコを吸わない健康な女性であれば、10代から40代まで幅広く使え、避妊効果以外にも月経不順・月経困難症・PMSなどの改善が期待できます。服用により卵巣がんや子宮体がんのリスクを下げることができ、妊娠を希望する時点で服用を中止すればよいので、未婚女性などにお勧めの避妊法です。
 飲み初めに吐き気や不正出血などの副作用が出ることがあります。重篤な副作用に乳癌や血栓症があります。血栓症のリスクがあるのは、喫煙者・肥満の方・40歳以上の方・高血圧や糖尿病などの基礎疾患がある方などです。長期間ピルを服用する場合は、これらの副作用のチェックが必要になります。
 当院では、産婦人科の専門施設として、ピル内服中の方へ定期診察や相談を行っております。

子宮内避妊具(IUD)

避妊失敗率:約0.1~1%
費用:1回の挿入が約3~9万円
メリット :・一度挿入すれば数年にわたり避妊が可能
      ・授乳中でも使用可能
デメリット:・月経量が増えることがある
      ・副作用(不正出血・子宮内感染) 

 子宮内に避妊具を挿入して着床や排卵を防ぐ方法です。2~5年ごとに入れ替えるだけで、手間が無い事が利点です。子宮内に挿入する操作が必要になりますので、経膣分娩をされた方に適しています。出産後に次の妊娠まで期間をあけたい方、長期の避妊を望む方、子供を産み終えた方に好まれる避妊法です。

避妊手術

避妊失敗率:約0.1~0.5%
費用:約30万円前後
 手術によって女性の卵管を縛り、卵子や精子が通れなくする方法です。一度手術をすると元に戻すことは困難ですので、今後全く妊娠を希望しない方のみ選択できる方法です。帝王切開の時などに一緒に行う事が多いです。

コンドーム

避妊失敗率:約3~15%
費用:他の方法に比べ安価
 もっとも選択されている避妊法です。他の避妊方法に比べ、価格が安価で使い方が簡便であり性感染症の予防にもなるという点が最大の利点です。確実性がやや劣る為、他の避妊方法との併用も推奨されています。

※膣外射精や安全日(オギノ式)では、確実性に乏しいため、お勧めできません。