乳児外来

当院分娩、当院で妊婦健診を受けられて里帰り分娩のお子様を対象に、
乳児健診と予防接種外来を行っております。

育良クリニック乳児外来の特徴Characteristic

  • 感染の心配がない(健診、ワクチン外来だけなので病気の子から感染する心配はありません)
  • 完全予約制(待ち時間が軽減されます)
  • 広い待合室(プレイコーナーで上のお子様も過ごすことができます)
  • 乳児健診の問診と計測は助産師が行うので、母乳育児の状態もチェックしています。
  • ワクチンは同時接種が可能です。(早期に接種が終わり、早く免疫をつけられます。)
    腕の接種よりも痛みや腫れが少ないといわれている大腿部接種です。
    急な副反応が起こることもある為、接種後は20~30分待機していただき、安心して受けていただけます。
    予防接種情報と方法は最新です。(「VPDを知って、子どもを守ろうの会」の情報に沿います)
  • 主治医は経験豊富なベテランの先生です。

乳児健診(1ヶ月・3~4ヶ月・6~7ヶ月・9~10ヶ月・1歳・1歳半)

対象
当院で生まれた子
当院で妊婦健診を受けて里帰り出産で生まれた子(1ヶ月健診が分娩施設で受けられない方はお電話ください。)
診察日
毎週水・土曜日 5Fホールにお越しください
注意点
  • すぐに予約が埋まりますのでお早めにお申し込みください。
  • 予防接種も一緒にご希望の方は、水曜の乳児健診の枠で予約をし、予約システムの問診機能でワクチンの種類をお選びください。
料金
1ヶ月・3~4ヶ月・1歳健診¥8,000-
6~7ヶ月・9~10ヶ月健診は、東京都内在住であれば受診票が使えます。
1歳半健診は目黒区在住の方は受診票を使えます。
持ち物
  • 診察券
  • お子様の保険証・乳児医療証
  • 母子健康手帳
  • 乳児健康診査受診票
  • おむつ
予約方法
web予約システムより予約をおとりください。
初めに登録が必要です。(お母様のIDとは別にお子様のIDを登録してください。)
当院うまれの子は、入院中に発行されるIDナンバーをご利用ください。
里帰り分娩の子は、仮IDを発行の上、ご予約ください。

予防接種外来

生後2か月が予防接種のスタートです。
当院では「VPDを知って、子どもを守ろうの会」のスケジュールで行っています。
(小児科学会のスケジュールもほぼ同じです。)

対象
  • 当院で生まれた子と当院で妊婦健診をして里帰り分娩で生まれた子。
  • 定期接種のものは公費負担で受けられますが、任意接種で一部助成のあるものは目黒区のみ公費負担が受けられます。それ以外は自費です。
診察日
月・水 午後のみ
金   午前のみ
※乳児健診も一緒にご希望の方は、水曜の乳児健診の枠で予約をし、予約システムの問診機能でワクチンの種類をお選びください。
助成
定期接種は東京都23区内在住であれば助成券が使えます。
任意接種で助成のあるものは目黒区のみ使えます。
持ち物
  • 診察券
  • お子様の保険証・乳児医療証
  • 母子健康手帳
  • 予防接種問診票(定期接種は区から郵送。任意接種は受付でお渡しします。)
予約方法
web予約システムより予約をおとりください。
初めに登録が必要です。(お母様のIDとは別にお子様のIDを登録してください。)
当院うまれの子は、入院中に発行されるIDナンバーをご利用ください。
里帰り分娩の子は、仮IDを発行の上、ご予約ください。
注意点
予防接種は体調の良い時におこなってください。
発熱がある方は接種を見合わせてください。
その他、予防接種のよくある質問Q&A集をお読みください。

主治医のプロフィールprofile

*乳児健診の担当医は日によって代わります。

与田 仁志 (よだ ひとし)

東邦大学医療センター大森病院 新生児科 教授

専門領域
新生児未熟児学、小児循環器学、胎児超音波学
水書 教雄 (みずかき のりお)

東邦大学医療センター大森病院 新生児科 助教

専門領域
新生児未熟児学、小児循環器学
川上 義 (かわかみ ただし)

元日本赤十字社医療センター 周産母子小児センター センター長

専門領域
新生児、小児保健、発達
ikuryo shop 当院のグッズの販売も行っております。
RECRUIT 職員募集 募集要項はこちら
当院の分院のご紹介 医療法人社団 春晃会 武蔵小杉レディースクリニック