入院案内

TOP > 入院案内 > 出産したママの声 > 出産したママの声7

出産したママの声4 ≪帝王切開≫

帝王切開(1)

出産という人生の中でも奇跡といえるかけがえのない経験を貴クリニックでできたからこそ、多くの気づきがあり、また安心して臨むことができました。

自然分娩を希望して初めて伺った日から、概ね順調だった妊娠生活でしたが、逆子と羊水過少のため帝王切開と診断され、心の準備ができていなかった時、急遽帝王切開の日まで経過を見ながら入院させていただくというご判断をしていただけたことは、それまで出産や赤ちゃんに100%向き合えていなかったことを気づかせてくださいました。入院中の一週間強の期間が赤ちゃんと出会うための大切なプロセスであり、今こうして一緒にいられることの意味を実感できるようになりました。

当初は希望通りにいかないことや、やるべきことができていなかったのではという後悔の気持ち、また自分の無力さに情けなくなる気持ちとが入りまじり複雑な心持ちでベッドにいましたが、日々の回診で「お母さんががんばっている」とお声かけいただき、助産師の皆さまにご相談できたことで少しずつ前向きな気持ちになり、出産の日を迎えることができました。

また、逆子治療のために鍼灸マッサージに通った際、鍼灸師の方にご相談にのっていただきありがとうございました。
入院期間中はお食事やお部屋のことなどインフラ周りをみていただいた皆さま、おかげさまでとても快適に過ごすことができ、退院後の生活が不安になるくらいです。

これから、この気持ちと感謝の心を忘れずに、新しく増えた家族と一緒に過ごしていきたいと思います。
ありがとうございました。

2015年3月11日

帝王切開(2)

予想外のことばかりでしたが、今となっては今後の育児や自身の成長について大きな経験と自信に繋がりました。
「自然分娩」をしたい。その強い思いで私は育良クリニックを選びました。産休に入るまで大きなトラブルもなく順調な経過でした。私の中では必然と『自然分娩=経膣分娩』でした。
産むぞクラス楽しみだなー。夫はビデオ撮ってくれるかな。へその緒切れるかな。…etc、色々な希望を持って過ごしていましたが、我が子は逆子でした。28週で知り、まだまだ治る確率は高い、けど入院も手術もしたことがない私は「帝王切開」というワードだけが頭を巡り不安でいっぱい。どうにか治るようにと体操、鍼灸、ヨガ、できることは精一杯取り組んできましたが、数週は進むばかり。エコーで「逆子ですね」と言われることが苦痛だったり、周りからの「いつか治るよ」にプレッシャーを感じる日々が二ヶ月続きました。外回転術にも挑戦しましたが残念な結果に。私の中での希望が絶たれ、人生にまだ数回しかない程大泣きしてしまいました。バースプランも希望することは何一つと叶わない。提出する事さえ辛かったのが本音です。
しかし、少しずつ受け入れざるを得ない状況に向き合い始めた自分がいました。「あんなに泣いたけれど、よく考えたら子どもは元気、自分も元気、それだけで十分ありがたいことなのでは」と…。
予定帝王切開となりましたが、当日は付き添いの人よりも落ち着いていたように思います。そして我が子とご対面。あまりの可愛さから今まで悩んでいたことが嘘のように吹き飛びました。赤ちゃんのお世話がとにかく楽しい、すべてが可愛い♡ あまり期待していなかった母乳には予想外に恵まれましたが、知らない事だらけでした。
入院が長かった分、助産師さんにたくさんのアドバイスを頂け、たくさん学ばせていただきました。その点では入院日数が長くて良かったなぁと思っています。授乳をしている時の必死に求める我が子の顔、飲んだ後の満足気な顔を見ると、愛おしさが増すばかりです。
母となってまだスタートしたばかりですが、この小さな命を夫婦で協力しあい、大切に育てていきたいと思います。
先生方、助産師さん、スタッフさん、ありがとうございました。
とても充実した入院生活でした。

2015年9月

帝王切開(3)

この子を授かるための不妊治療では、投薬、注射が多く、自然な体なのに薬に支配されている感が強かったため、せめてお産は出来るだけ自然体にしたく育良クリニックを選びました。

自然分娩にむけて、食べ物、運動など体調管理をしてきましたが、ベビーちゃんの心拍低下でまさかの帝王切開をしてしまいました。(産んでみてわかったようですが、へその緒が母体の中で固結びになっていました!)残念ではありますが、おかげで(?)産後の回復も早く、栄養などの体調管理の知識も増えました。分娩の苦しみ、帝王切開後の痛みの両方を体験することができ、得した?お産でした。(笑)

実は、右も左もわからない妊娠初期の頃、テキパキと仕事をこなす助産師さんたちに、少し素っ気なさ・冷たさを感じていたのですが、週数が進むにつれ、そして出産のため入院をしてみて「いろいろ伝えたい!」「お世話したい!」という方たちばかりだったことに気が付きました。(後期・産後の方がやらなくてはいけないこと盛りだくさんですものね…)

小さなことでも丁寧に教えてくださり、特に勉強不足だった授乳に関しては、出産から退院までの数日でたくさんのことを詰め込むことができました。
まだまだ、ベビーちゃんを泣かせてばかりですが、母子ともに成長していくための大きな一歩になりました。

朗らかな理事長先生、やさしい院長先生あっての包み込まれるような育良クリニックです。

2015年11月