病院概要

TOP > 病院概要 > TV放映・雑誌掲載情報

TV放映

2017.8.28
テレビ朝日「グット!モーニング」
臍帯血について浦野晃義院長が取材協力いたしました。
2017.7.13
日本テレビ 「NEWS ZERO」
サプリメントについて浦野晃義院長が取材協力いたしました。
2017.5.29
TBS「マイネームSHOW」
取材協力いたしました。
2017.4.12
TBS 「Nスタ」
オウム病について患者様出演・浦野晃義院長が取材協力いたしました。
2017.1.31
日本テレビ ZIP「HATENAVI」
お子様の命名について患者様出演・取材協力いたしました。
2017.1.27
フジテレビ「その原因、Xにあり!」
【むくみと決別SP】に取材協力しました。
2016.12.13
テレビ朝日 「報道ステーション」
産婦人科で死亡事故が起きている件について浦野晴美理事長が取材を受けました。
2016.11.17
フジテレビ 「ノンストップ」
卵巣にできる腫瘍・症状の違いについて浦野晃義院長が取材を受けました。
2016.1.27
TBSテレビ テレビ未来遺産「緊急!池上彰と考える 今年の細菌・ウイルス大疑問」
取材協力いたしました。
2015.11.28
NHK データなび「そうだったのか!日本人の名前~データで探る名前の謎~」
取材協力いたしました。
2015.9.4
フジテレビ みんなのニュース
浦野理事長が取材を受けました。
2015.8.21
TOKYO MX NEWS
浦野晃義院長が取材を受けました。
2013.7.2
フジテレビ「スーパーニュース」
浦野理事長が取材を受けました。
2013.2.25
日本テレビ 「NEWS ZERO」
妊娠と風疹について晃義Dr.が取材を受けました。
2012.10.11
NHK総合「あなたが主役 50ボイス」
超音波診断の最新状況ということで、4Dエコーに携わる医師として女医の小磯先生がインタビューを受けました。
2012.7.25
テレビ朝日 報道ステーション
不育症の特集で撮影協力を致しました。
2009.3.20
TBS TV ドリームプレス社スペシャル
森三中 大島美幸さんと理事長が対談しました。
2009.2.17
フジTV とくダネ!
『特捜エクスプレス・助産師の力』で院内助産システムのモデルケースとして 理事長・助産師が取材をうけました。
2009.1.29
フジTV 近未来予報ツギクル
『おひとりさま』をテーマにした産婦人科のニーズについて取材をうけました。
2008.6.27
TBSテレビ ドリームプレス社
肥満と妊娠・流産について理事長がコメントしました。
2008.6.5
フジTV ラストフレンズ
第11話の台本を当院が監修しました。


書籍・監修

おなかの赤ちゃんが元気に育つ 妊娠中の食事と栄養
2013.11
おなかの赤ちゃんが元気に育つ 妊娠中の食事と栄養 (学研パブリッシング)

浦野 晴美 (監修)

理事長が監修いたしました。 ご興味のあるかたは こちら>>をご参照ください。
(amazonへのリンクです。amazonでも購入できます。)
マタニティ・ヨーガ お産と産後のボディ&メンタルケア
2009.12.15
DVD付き マタニティ・ヨーガ
お産と産後のボディ&メンタルケア

育良クリニック理事長 浦野晴美 監修

日本文芸社 刊
B5変型判 128頁 オールカラー
52分DVD付き
12月15日(火)から配本 販売価格は1575円となります。
Spiritual birth
2009.07
Spiritual birth


さまざまなミュージックシーンで活躍中のMINMIさんが描いた絵本。理事長と助産師の内山の対談が載っています。
安産手帖 2008(学研ヒットムック )
2008.2
安産手帖 2008(学研ヒットムック )
浦野 晴美 (監修)

理事長が監修いたしました。
はじめてでも安心!妊娠・出産BOOK (成美堂出版)
2007.1
はじめてでも安心!妊娠・出産BOOK (成美堂出版)
浦野 晴美 (監修)

理事長が監修いたしました。 御興味のあるかたは こちら>>をご参照ください。
(amazonへのリンクです。amazonでも購入できます。)
すこやかなお産のためのマタニティ・ヨーガ (日本文芸社)
2006.12
すこやかなお産のためのマタニティ・ヨーガ (日本文芸社)
浦野 晴美 (監修)

理事長が監修いたしました。 御興味のあるかたはこちら>>をご参照ください。
(amazonへのリンクです。amazonでも購入できます。)



取材・その他

赤ちゃんの部屋
2017.6.19 赤ちゃんの部屋 「産む力」 を引き出して自然分娩をサポート!
育良クリニックの浦野晃義先生にインタビュー
晃義院長が取材協力
»詳しくはこちら
赤すぐ 7月号(2017年6月15日発売)
赤すぐ 7月号(2017年6月15日発売)
はじめてのお産 始まり方・進み方『みんなどうだった?』

浦野晃義院長・町田助産師が取材協力
mamari
2017.5.23 妊娠中はカフェインをどのくらい飲んでいい?
気になる摂取量について専門家に聞いてきた!
竹内医師が取材協力
»詳しくはこちら
たまごクラブ 3月号(2017年2月15日発売)
たまごクラブ 3月号(2017年2月15日発売)
「陣痛ってどのくらい痛いの?」とことん解明!

宮入助産師が取材協力
2017年春夏 ファーストプレモ
2017年春夏 ファーストプレモ
-妊娠がわかったらすぐ読む本-(2017年4月10日発売)
「完全保存版 妊娠2・3・4ヶ月の気がかり全部答えます!」
晃義院長・寺田医師・牧田医師が取材協力
初めてのたまごクラブ「2017冬号」
初めてのたまごクラブ「2017冬号」
「自分にぴったりの産院の選び方ガイド」

育良クリニック 監修
たまごクラブ 1月号(2016年12月15日発売)
たまごクラブ 1月号(2016年12月15日発売)
とじ込み付録“陣痛乗りきりサポートBook”
関 麻理子助産師・早川友香助産師が取材協力
GLITTER 12月号(2016年11月7日発売)
GLITTER 12月号(2016年11月7日発売)
“こんな出産方法も増えてます” のコーナーに【水中出産】【フリースタイル分娩】【LDR分娩】も選択出来るクリニックとして、育良クリニックが紹介されました。
マタニティnina’s(ニナーズ) vol.6(2016年5月7日発売)
たまごクラブ 11月号(2016年10月15日発売)
“順調とは言えなかった”私たちのマタニティライフ

浦野晃義院長・中村晶穂助産師が取材協力
初めてのたまごクラブ2016秋号
初めてのたまごクラブ 2016秋号
「自分にぴったりの産院の選び方ガイド」
育良クリニック 監修
マタニティnina’s(ニナーズ) vol.6(2016年5月7日発売)
マタニティnina’s(ニナーズ) vol.6(2016年5月7日発売)
「その不安にジャストに解答
安産のための、ニンプの疑問Q&A」

浦野晃義院長が取材協力
日経DUAL
2016.1.19 働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト
高齢出産 30代後半から妊娠・出産を考える人へ(連載)
「高血圧、子宮筋腫、微弱陣痛 高齢出産に伴うリスク」記事にて
理事長が取材協力
»詳しくはこちら
たまごクラブ 1月号(2015年12月15日発売)
たまごクラブ 1月号(2015年12月15日発売)
●お産の現場で働く14人と先輩ママの“経験”が集結!
「安産のコツ・陣痛乗りきりテク」

中村晶穂助産師・宮入助産師が取材協力
●産婦人科医のリレートーク 「命の生まれる現場から」
理事長が取材協力
2015秋冬ファーストプレモ
2015秋冬ファーストプレモ
-妊娠がわかったらすぐに読む本-(2015年9月11日発売)

「完全保存版 妊娠2・3・4ヶ月の心配ごと ALL解消ガイド」
晃義院長・後藤助産師が取材協力
たまごクラブ 3月号(2015年2月14日発売)
たまごクラブ 3月号(2015年2月14日発売)
「お産の“痛い×怖い”が軽くなる最強プロジェクト」
理事長・早川助産師が取材協力
Baby-mo 冬春号(2013-2014年)
Baby-mo 冬春号(2013-2014年)
「ママにも赤ちゃんにもつらくない卒乳どうするの?」
助産師が取材協力
Pre-mo 冬号(2013年10月15日発売)
Pre-mo 冬号(2013年10月15日発売)
「お産入院グッズのすべて」
谷内助産師が取材協力
たまごクラブ 8月号(2013年7月15日発売)
たまごクラブ 8月号(2013年7月15日発売)
「真夏のニンプ生活 あり?なし? 完全ジャッジ」
川島助産師が取材協力
コンパルウエディング 2013年秋号
コンパルウエディング 2013年秋号(2013年06月23日発売)
「初めての妊娠で知っておきたいこと」
医道の日本社
2013.05.20 医道の日本社のホームページ
http://www.idononippon.com/
トピックス 「インタビュー」安田鍼灸師
『鍼灸師 として産婦人科で働く』
初めてのたまごクラブ 2013年春号(2013年4月1日発行)
初めてのたまごクラブ 2013年春号(2013年4月1日発行)
「妊娠4~15週 体の変化&生活「今すぐやること!」ガイド」
理事長、中村助産師が監修
ひよこクラブ 4月号(2013年3月15日発売)
ひよこクラブ 4月号(2013年3月15日発売)
「授乳中にブルーになったり…気持ち悪くなったり…していませんか?」
谷内助産師が取材協力
助産雑誌 Vol.67(2013年3月発売)
助産雑誌 Vol.67(2013年3月発売)
特集 助産師と産科医師の“ちょっといい関係” に当院助産師『町田』が寄稿しています。
P230~【育良クリニック】助産師を支えてくれるチーム医療
こどもの城
こどもの城、マタニティスイミングのクラスにて
当院の助産師が妊婦の健康チェックへの協力を行っています。
(H22.4月より)
新医療
新医療 8月号(2012年8月1日発売)
「病院建築最前線」
当院内が紹介されました
フィッテ
フィッテ 8月号(2012年6月23日発売)
「産後キレイボディになるか分かれ道はここ!」
当院 助産師が監修
妊娠大百科
妊娠大百科(2012年5月12日発売)
「バランス食と適度な運動で安産をめざそう」
理事長監修
育児大百科
育児大百科(2012年5月12日発売)
「赤ちゃん・子どものいる生活をシミュレーション!」
撮影協力
たまごクラブ
2012年4月号(2012年3月15日発売)
会陰切開本当のところ&できればしない予防法特集
理事長と関師長が取材協力
【e-エステみつけた】
女性ホルモン特集で当院の出澤先生が取材を受けました。
>>詳しくはこちら
VOCE11月号
2011年9月23日発売
子宮のことを大至急
理事長インタビュー
読売新聞
2011年5月19日 朝刊
医療ルネサンス
「高齢妊娠・出産」③適度な運動、食事で体力つける
理事長インタビュー
日本経済新聞
2011年2月24日(木)夕刊
医療「低体重児増える 妊婦のやせ 主因」
理事長が取材協力



講演会・勉強会

 
2016.10.6 第13回中目黒医療連携学術講演会に参加
東京共済病院院長の久保田俊郎様が東京共済病院の講堂で、
『エビデンスを重視した優しい漢方療法』について講演会を開催した際、
当院理事長の浦野晴美が座長として参加致しました。
 
2016.9.21 東京大学院看護学専攻研究のアンケート調査への協力
東京大学院看護学専攻研究者より依頼を受け、
育良クリニックで分娩予定の妊娠28週以降の方を対象とした、
『産後の育児行動・育児困難感の実態とその心理要因の検証』が
テーマのアンケート調査に協力しました。
2013.2.4 母子保健福祉行政研修への協力
2013.2.4 母子保健福祉行政研修への協力
国際協力機構(JICA)より依頼を受け、厚生労働省の協力のもと、発展途上国の福祉行政官へ日本のクリニックでの医療について 院内での研修及び討論会を行いました。
 
2012.6.21 妊婦の体重管理と栄養・食事指導の勉強会
こどもの城 小児保健部 技術主任 太田百合子様を招き
妊娠の栄養・食事の現状(妊婦の間違った食事行動や理解など)・指導のポイントと
指導方法 について院内で勉強会を行いました。
 
2011.8.23 カンボジア助産師研修
カンボジア助産能力強化を通じた母子保健改善プロジェクトへ協力
院内での研修及び討論会
 
2011.2.26
産み育てヨコハマハッピープロジェクト シンポジウム 「ネットワークで支える!今そこにある“産後うつ”」に 理事長がパネリストとして参加しました。
2005.11
2010.2 『自分で気づくチェックシート』による保健指導
初期指導で渡されるパンフレットの中にある、
セルフチェックシートの活用法について紹介します。
 
2007.6.13 
目黒区立東山中学校で助産師の仕事について、講師として授業しました。
2005.11
2007.4 『診療所における助産師の活動』
ライターの林口ユキさんのインタビューに答える形で、
診療所での助産師の仕事ややりがいについて答えています。
2007.2.17
2007.2.17
東京都看護師協会 シンポジウムで師長が『診療所における助産師の活動について』 講演しました。
2007.2.17
2006.6.25
東京都看護師協会 シンポジウムで理事長が『産科医の立場からの母乳育児について』 講演しました。
東京母乳の会
第6回講演会・シンポジウム
抄録集
2006年6月25日
2006.6.25 シンポジウム『母乳育児と体重減少を考える』
産科医の立場で、理事長が意見を述べています。
必要な情報・技術・サポートを提供した上で、本人の希望が、医学的な安全を脅かしたり誤った知識や思い込みに基づくものでなければ、本人の意向を最大限に取り入れるのが当院のコンセプトです。
2005.11
2005.11 わたしのまちのいきいきスタッフ Vol.59
旧病院の風景とそこで働く助産師の活動や
採用の特徴について、2005年頃の状況を紹介しています。
2007.2.17
2003.7月中 ベトナム医師研修
国際協力NGO ジョイセフ (公益財団法人)よりの依頼で
ベトナム国プロダクティブ・ヘルス研修への協力
ベトナム国医師へ日本の医療についての研修
2001.5
2001.5
開業産科クリニックにおいて注意している新生児のケア
~看護の立場から~

新生児の入院中のケアの流れについて、2001年当時の状況で紹介しています。
1997.04
1998.6
座談会
『開業診療所でのオープンシステム その順調なスタート』
大社由美さんの出産をそれぞれの立場でサポート

マタニティコーディネーターとして著明な大葉ナナコさんの出産を、友人の助産師が立ち会うオープンシステムで行いました。
その経緯について理事長と堀江助産師が語っています。
1997.04
1997.4
座談会
『出生前検査におけるインフォームド・コンセント』
HIV、染色体検査の現状から妊娠のプライバシーを考える

HIVのサポートをする民間団体の代表の池上さん、
当時の日赤医センターの副看護部長の村上助産師、
マタニティーコーディネーターのきくちさんと一緒に
上記のテーマについてそれぞれの立場で語っています。