ブログ

産後1日目(出産日は産後0日と数えます)、とらままです。

11日、夜間入院の後、モニターを付けてお産の準備。

陣発とはなったものの、10分間隔くらいに伸びて弱いので、一旦帰るかどうするかといったところ、、、。

連日の睡眠不足、弱くても痛いから家に帰っても寝られないだろうし産んで帰りたい、、、。予定日超過も気になる。助産師さんも、経産婦だし、やることやってみようということになりました。

内診では2センチ、子宮口は充分柔らかい。赤ちゃんの位置が高い。陣痛さえ強まれば一気に降りるだろうということで、立ったり座ったり、色んな体勢を試みるも全く強まらない陣痛。それでも痛い。

2時くらいに、助産師さんと相談して「陣痛来る時に内診して広げてみようか。」と。

助産師さんが子宮口に指をかけて、陣痛が来た時にぐーいと指を回して行く。内側を押し広げられる変な間隔だけれども、何かが変わった気がした。

たった1回で「はい!45センチ!」。凄い近道をした気持ちになった。

その後、陣痛が強まるのも待ったけれど、強めが2回来て弱いのが続いたりとバラバラ、、、

陣痛の合間は、気絶したように眠りに引き込まれる。それはとても気持ち良い。家でゆっくり眠っているような間隔で、痛みで現実に引き戻され「そうか、今入院中だった」と我に帰る。時計を確認しても10分しか経っていない。こんなことを何十回も繰り返していた。ふと隣を見ると、夫が寄り添ってる風にして爆睡している。夢心地に、腰でもさすってくれていると思ったが、私が自分でさすっていた。

長男の出産時は、入院後、産まれてもないのにさっさと自分の布団を敷いて眠った夫、、、。私に相当怒られたので今回はそれはなかったので進歩。(?)

5時、夜中は眠すぎて身を委ねるだけだったけれど、朝になり「何とかしないと」という気持ちになってくる。

痛みで暴れて当たったフリをして、夫に肘鉄を喰らわせる。割と強めに。

寝てませんでしたよ、というかのように「子供達の学校の用意をしないとな」と今更腰をさすり始める。

それでも、横になったままで、まだ寝る気だと思ったので「私が横になってても、起き上がっていて。寄り添わなくていい!気持ちよく寝てるの見るとイライラする。」と言い放ってしまいました。

530 助産師さんから提案。

「もう一度内診して広げてみようか。そのあと、頑張って院内をぐるっと歩いてみたら強まるんじゃないかな。赤ちゃんが真っ直ぐ降りるように、なるべく立って過ごそう。」

内診をして、一気に9センチ!

「こんなに準備ができているのに、赤ちゃんが降りない理由はなんだろう。探っていこう。」

三男が起きたので一緒に院内を一周する。

「そんなに強まらないなぁ。乳首刺激しよう。」と次の提案。乳頭を強めに刺激する助産師さん。これはこれで痛い。でも、確かに子宮は収縮するのを感じる。

子供たちは運動会の三男だけが学校に行き、他は休んで立ち会うことになった。

子宮口は全開。助産師さんが医師に相談して破膜(赤ちゃんの入っている袋を破る)を提案して促進を試みる。破膜をすると、温かい羊水がじゅわーっと流れ出す。(きっともう少しだ)

私の脚には汚れ防止の緑色の脚袋が巻かれているし、お産セットも開封されているし、先がやっと見えた気がする。

それでも、陣痛はそこまで強まらず赤ちゃんは高いまま。助産師さんより、「陣痛のとき、力を入れてみる?」

「力の入れ方がわからない、、、」痛みは腰から下の方には移ってきたけれど、いきみたい感覚は全くない。

「じゃあ、違うんだね。力いれなくて大丈夫。」

そこで

「収縮剤使ってみようか?」と新たな提案がある。

このまま強まらない陣痛で体力を消耗するよりいいのではとの判断だった。確かにこのままだと、夕方とかになる気がしていた。

同意書にサインをして、点滴を入れる。

5分と経たない内に強い陣痛がきた。

自然と大声が出た。叫ばずにはいられなかった。叫びながらバンザイの姿勢で壁を押して、赤ちゃんを押し出すようなイメージを続けた。

大声を出して産むのが初めてだったので、自分でも驚いてしまった。

収縮剤を使ってから、急に進んだので、理事長もやってきた。先生が入ると「ああ、もう本当にすぐ産まれるんだ」と安心する。

収縮剤を入れてから1時間かからず出産に至りました。30分くらいだったかも。

5人目だったから、絶対安産!なんて余裕でいた私。

大反省です。お産は毎回違うのですね。

明日も、お産中の話を書きますが、

美しい分娩ではなかったので、お食事前の方や、おしもの話が嫌いな方は読まないでください。

とらまま

プロフィール/ Profile

育良クリニック

目黒区にある産婦人科です。
患者様へのお知らせや、妊娠育児のあれこれ配信しています。

過去のブログはこちら

投稿者/ Contributor

浦野晴美・理爺長
育良クリニック創設者。
どうでもいいことを「理爺⻑のつぶやき」でつぶやいたり産科医としてのコメントをのせます。
とらママ
育良クリニックマネージャー。
2011年1月、第一子「とらさん」
2012年6月、第二子「りゅうちゃん」
2014年2月、第三子「うまくん」
2016年4月、第四子「おさる」 (すべて愛称)
を当院で出産。
妊娠・出産・育児の奮闘記を綴ること多し。
スタッフS
助産師 S 
開院当初からの超ベテラン。
医療的な質問に回答したり、日々のできごとを綴ります。
スタッフT
育良をこよなく愛し、オリジナルキャラクター「くるみちゃん」の産みの親。
妊娠出産を夢み、フランスに嫁ぎ休職中。
育良事務局
コンシェルジュスタッフがイベントやお知らせを随時配信します。

過去の記事/ Monthly Archive

ikuryo shop 当院のグッズの販売も行っております。
RECRUIT 職員募集 募集要項はこちら
当院の分院のご紹介 医療法人社団 春晃会 武蔵小杉レディースクリニック