ブログ

分娩入院は明日までのとらままです。

目黒区在住なので、そのまま産後ケア入院をします。

幸せすぎる。

おっぱいの分泌は良いのですが、とにかく、ベビーがまだやる気が起きず、乳首を咥えては眠り、外すと泣いて、、、の繰り返し。

昨夜は寝ずに、頑張って授乳練習をして、今日は随分と上手になりました。

私は経産婦なので、早く軌道に乗りそうですが、この産後の短期間で授乳も完璧になるのは難しい。産後ケアの必要性を感じます。もっと早く産後ケア助成金事業が始まるべきだったと思います。

今回は、私にとって、一番大変な出産でしたが、

息子たちにはいい経験になった気がします。

家でちゃんと出来ているか心配でしたが、「ママが疲れないように」と兄弟で協力をして掃除をしたり、下の子の面倒を見れるようになったようです。

陣痛中も、陣痛測定機の数字が上がると赤ちゃんが産まれると思ったようで、「上がれー!上がれー!」とコールをしていましが、途中から、数字が上がると私が苦しむのに気づいたようで、「下がれー!下がれー!」と応援してくれました。


私が叫ぶので耳を塞ぎながら陣痛監視装置をみつめる兄たち。

産まれた赤ちゃんは、臍帯が首に2巻でした。
予定日になっても下がってこないのは、これが嫌だったのかなぁ。陣痛くるまで大人しくしてようと思ったのかもですね。
陣痛が強まらなかったのは、元々私が微弱陣痛の体質なのもあり、今回は、何日も前から陣痛が続いていたので子宮が疲れちゃったのかもね、、、ということでした。
今回、医学の力がないと絶対産めなかった気がします。もう、内からの力は湧いてこなかったので。点滴、ありがとう。

これからお産をする方たち、頑張ってくださいね。
心から応援しています。
人により、その時によりお産はそれぞれですが、医療スタッフを信頼して、集中して臨んでください!
産んだ瞬間の達成感と爽快感、たまらないですよ!


そういえば、、、
入院グッズのストロー付きキャップを、100均で買ってきてねと夫に頼んでいたのですが。
入院して、得意げにペットボトルに設置して手渡してきた夫。(陣痛中)


「これ、なに?」(陣痛中)
「作った!キャップにドリルで穴を開けて、グルーガンでストローを固定したんだ。」
空気穴が無いので、すぐ真空になり、ちょびっとずつしか飲めないし、飲むたびに、ぺこーっ、ぺこーっとうるさいし
下から3分の1になると、ストローが届かないのでもう飲めない。
最後の方、喉を鋭利な物が通って痛かったけど、あれは絶対グルーガンのカスだ。
もっと、頑張ること無かったのだろうかと思いました。(陣痛中)


やはり、眼を使うと疲れてきたので、ブログは少しお休みします。
とらまま

プロフィール/ Profile

育良クリニック

目黒区にある産婦人科です。
患者様へのお知らせや、妊娠育児のあれこれ配信しています。

過去のブログはこちら

投稿者/ Contributor

浦野晴美・理爺長
育良クリニック創設者。
どうでもいいことを「理爺⻑のつぶやき」でつぶやいたり産科医としてのコメントをのせます。
とらママ
育良クリニックマネージャー。
2011年1月、第一子「とらさん」
2012年6月、第二子「りゅうちゃん」
2014年2月、第三子「うまくん」
2016年4月、第四子「おさる」 (すべて愛称)
を当院で出産。
妊娠・出産・育児の奮闘記を綴ること多し。
スタッフS
助産師 S 
開院当初からの超ベテラン。
医療的な質問に回答したり、日々のできごとを綴ります。
スタッフT
育良をこよなく愛し、オリジナルキャラクター「くるみちゃん」の産みの親。
妊娠出産を夢み、フランスに嫁ぎ休職中。
育良事務局
コンシェルジュスタッフがイベントやお知らせを随時配信します。

過去の記事/ Monthly Archive

ikuryo shop 当院のグッズの販売も行っております。
RECRUIT 職員募集 募集要項はこちら
当院の分院のご紹介 医療法人社団 春晃会 武蔵小杉レディースクリニック