ブログ

名前が決まらず流石に焦ってきました、とらままです。

名前って、親からの赤ちゃんへの最初のプレゼントですね。

うちの場合、兄たちが名前決めに参加しているので一向に決まりません、、、。

今日、オイルトリートメントを受けた時に鍼灸師から聞いた話。

患者さんの旦那さんが夢で「私、〇〇だよ」と言っている夢を見てすぐに妊娠がわかったそうです。

なので、その名前をつけようか、しかし、変わった名前なので迷われているそうです。

36週で逆子だったので、このまま逆子ならこの名前は違うんだと考えられたのですが、

37週で直っていたそうです!どんなお名前になるか興味津々。

この気持ち、凄くわかります。

今年の元日に夫の実家の近くの神社に初詣に行ったのですが、そこが子供の神様の神社だったのです。

子授石というものが、置かれており、それをまたぐと子宝に恵まれるそうです。

「育良クリニックの生殖医療で、たくさんの方に赤ちゃんが授かりますように」と願いまたいでみました。

(後ろから夫が止めていたのですが。)

その直後、妊娠していました。

神様と私の子供の気がして、神社の名前を子供につけようかと迷いましたが、周りに止められて諦めました。

普段、現実的な私も、命を授かることって、奇跡的な事に思っています。

夢とかで、子供が出てきて自己紹介したら、その名前にしちゃうだろうなぁ。

うちの赤ちゃんの名前も、変わっていて悩んでいます。

長男が妊娠中から考えていて、4男もその名前で毎日お腹に呼びかけていたので、なかなか変えることも難しく。

周りにも、変わった名前の子はいますが、不思議とその子と名前が合っているんですよね。

だから、つけてしまえば子供に名前が馴染んでいくのかなぁ。

5人とも、お七夜に命名が間に合いませんでした、、、。

役所への届けがあと1週間なのでギリギリまで考えてみます。

産後ケア入院では、全身トリートメントがサービスでついています。最高のご褒美。

授乳でガチガチの背中をしっかりほぐしてもらい、おっぱいの出がとても良くなりました。

プロフィール/ Profile

育良クリニック

目黒区にある産婦人科です。
患者様へのお知らせや、妊娠育児のあれこれ配信しています。

過去のブログはこちら

投稿者/ Contributor

浦野晴美・理爺長
育良クリニック創設者。
どうでもいいことを「理爺⻑のつぶやき」でつぶやいたり産科医としてのコメントをのせます。
とらママ
育良クリニックマネージャー。
2011年1月、第一子「とらさん」
2012年6月、第二子「りゅうちゃん」
2014年2月、第三子「うまくん」
2016年4月、第四子「おさる」 (すべて愛称)
を当院で出産。
妊娠・出産・育児の奮闘記を綴ること多し。
スタッフS
助産師 S 
開院当初からの超ベテラン。
医療的な質問に回答したり、日々のできごとを綴ります。
スタッフT
育良をこよなく愛し、オリジナルキャラクター「くるみちゃん」の産みの親。
妊娠出産を夢み、フランスに嫁ぎ休職中。
育良事務局
コンシェルジュスタッフがイベントやお知らせを随時配信します。

過去の記事/ Monthly Archive

ikuryo shop 当院のグッズの販売も行っております。
RECRUIT 職員募集 募集要項はこちら
当院の分院のご紹介 医療法人社団 春晃会 武蔵小杉レディースクリニック