生殖医療

不妊症について

不妊症とは、『避妊をしていないのに1年以上にわたって妊娠に至らない状態』と定義されています。
通常、健康な夫婦であれば避妊しない限り1年以内に80%妊娠できるというデータがあります。しかし現在、不妊で悩まれている方は、6組に1組と言われるほど多いです。
年齢によっても妊娠率は大きく差がでます。35~40歳の女性では、排卵時期のタイミングが合っていても妊娠率は約30%と言われています。また、体外受精の出産率では、32歳で20.1%、そこから徐々に下がり始め、37歳以降からは1年に2%ずつ下がるというデータがあります。

「日本産科婦人科学会 2016年」

年齢が上がるにつれ子宮内膜症・子宮筋腫・排卵障害などの婦人科疾患が増えることや、卵子の数の減少や質の低下も加速します。男性も加齢により精子の運動率が低下します。昔から不妊の原因は女性にあるものと思われがちですが、近年、実際には半数近くが男性に何らかの原因があることも分かってきました。また、男女ともに加齢による染色体異常の発生頻度も増加するため、流産の頻度も高まります。
近年の晩婚化に伴い不妊症と気付く事さえ遅れているのが現状です。

妊娠しにくい原因とは

今、医療は進化し昔は原因不明とされてきたものも徐々に分かるようになってきました。
ただ、一般的に検査できる範囲では原因を特定できない場合も少なくありません(原因不明不妊)。そういった場合は更に詳しい検査が必要となります。
不妊の原因となりうる症状として一般的には以下があります。

女性因子
ホルモン異常
無排卵性月経、無月経 、希発月経 、黄体機能不全、卵巣嚢腫、多のう胞性卵巣、高プロラクチン、甲状腺・副腎疾患
卵管
卵管狭窄、卵管周囲癒着、閉塞、溜水腫
子宮体部
子宮筋腫、子宮腺筋症、内膜ポリープ、先天性子宮形態異常(双角子宮、重複子宮、凹底子宮)、子宮腔内癒着(アッシャーマン症候群)
子宮頚管
粘液分泌不全、慢性頸管炎
骨盤内炎症・癒着
クラミジア感染症、淋病
子宮内膜症
チョコレート嚢胞
染色体異常
ターナー症候群、トリプルX症候群
男性因子
造精機能障害
無精子症、乏精子症、精子無力症、奇形精子症、精索静脈瘤、停留睾丸
精路閉塞
性交障害
勃起障害、射精障害
ホルモン異常
低ゴナドトロピン性性腺機能低下症(MHH)、高プロラクチン血症
染色体および遺伝子異常
クラインフェルター症候群 、47XXY症候群 、アンドロゲン不応症候群 、Y染色体微小欠失 、カルマン症候群
副性器の炎症
副睾丸炎、膿精子症、前立腺炎
精液過少症
男女両方因子
免疫性不妊
精子不動化抗体
性の不一致
性交障害、性交不能、性交回数の減少 など
染色体異常
均衡型転座、ロバートソン転座 など
先天性副腎過形成

不育症

妊娠しても、流産をくり返してしまう状態を不育症といいます。
流産は珍しいことではなく、1回の妊娠につき、妊娠した人全体の約15%は流産になるといわれています。流産率は女性の加齢とともに高まり、35歳で約20%、40歳で約40%、42歳で約50%と報告されています。
流産の原因の多くは、染色体異常です。染色体異常のリスクも女性の加齢とともに高まります。染色体異常は受精卵の段階で約40%、着床前の段階で約25%、妊娠初期の段階で約10%、自然に染色体異常の赤ちゃんが生まれる確率は0.6%と報告されています。
一般に2回続けて流産する場合を「反復流産」、3回以上続けて流産する場合を「習慣流産」といいます。習慣流産や、妊娠中期以降の胎児死亡は稀ですので、不育症の検査を受けることをお薦めします。

不育症の原因と検査

子宮異常
子宮奇形、子宮筋腫、頚管無力症、子宮腔癒着症 など
→子宮卵管造影検査、子宮鏡検査
内分泌異常
高プロラクチン血症、甲状腺機能異常、糖尿病 など
→血液検査
免疫異常
抗リン脂質抗体症候群、自己免疫疾患、同種免疫異常 など
→血液検査
血液凝固機能障害
(凝固因子欠乏症)など
→血液検査
感染症
→培養検査、血液検査
夫婦染色体異常
専門機関をご紹介いたします。

治療方法の一例

自己免疫異常、血液凝固異常による不育症の治療 … 薬物療法

不育症の原因の一つとして、近年「抗リン脂質抗体症候群」が注目されています。抗リン脂質抗体は、流産や死産のほか、重症妊娠高血圧症候群や胎盤機能不全にも関連しています。
抗リン脂質抗体症候群は、血液凝固異常を招くことから不育症を起こしやすいとされています。胎盤内で、抗リン脂質抗体によって血栓ができやすくなり、血液循環が阻害されます。その結果、胎芽・胎児に血液や栄養が届かずに流産・死産が起こりやすくなると考えられています。
また、抗リン脂質抗体症候群に起因しない、「血液凝固異常」(第XII因子欠乏症、プロテインS欠乏症、プロテインC欠乏症など)も血栓をつくりやすいことから、不育症になりやすいことがわかっています。
これら「抗リン脂質抗体症候群」や「血液凝固異常」の治療には、血栓ができるのを防ぐ薬物療法を行います。

低用量アスピリン療法
アスピリンは解熱鎮痛薬として知られています。血小板凝集抑制作用があるため、血栓が原因で起きる心筋梗塞や脳梗塞の再発予防薬としては、すでに公的医療保険の適用があります。
抗リン脂質抗体症候群に対しては、現時点では公的医療保険の適用はありません。
ヘパリン療法
抗凝固薬であるヘパリンにより血栓の形成を予防します。
現在のところヘパリンは、注射用製剤のみで、在宅自己注射法が行われています。
子宮形態異常による不育症の治療…子宮形成術

子宮形態異常には、弓状子宮、中隔子宮、双角子宮、単角子宮、重複子宮などがあります。この中でとくに子宮内腔が2つに分かれている「中隔子宮」の流産率が高い傾向にあります。子宮形態異常があっても、必ず流産するとは限らないので、無治療の場合もあります。流産をくり返す場合には、子宮形成術という手術を検討します。

ikuryo shop 当院のグッズの販売も行っております。
RECRUIT 職員募集 募集要項はこちら
当院の分院のご紹介 医療法人社団 春晃会 武蔵小杉レディースクリニック