生殖医療

料金について

消費税は含まれておりません。
当院のARTで妊娠し、当院で分娩された方は分娩費から一部割引があります。

人工授精
AIH 診察と薬代がかかる場合は別途 15,000円
精子凍結・融解
精子凍結 基本料金(保管料1年分含) 10,000円~※1
更新 数関係なく1年間 10,000円※2
精子融解 1回につき 5,000円

※感染症の方の精子凍結はできませんのでご了承ください。

※1 1~5本=10,000円、6~10本=20,000

※2 更新は1回の採卵・凍結毎→3回分の凍結胚・精子を更新なら3回分必要

体外受精
採卵料 基本料金 50,000円
1~10個以下 90,000円
11個以上~ 120,000円
麻酔 静脈麻酔 30,000円
局部麻酔 5,000円

※採卵できない場合でも発生します。→当日エコー見てキャンセル・来院できず等=50,000
※採卵したが採卵数0個の場合の会計→基本料金(+麻酔)=50,000(+30,000 or 5,000)

精子調整料 40,000 円
媒精(c-IVF) ~10個以下 30,000 円
11個以上~ 50,000円
顕微授精(ICSI) ~10個以下 50,000円
11個以上~ 80,000円

※刺した数ではなく顕微授精に供した数

培養基本料 20,000円
胚盤胞培養(D3~D5) 個数関係なく 30,000円
タイムラプス加算 20,000円
胚移植(ET) 移植料 50,000円
胚凍結 基本料金(保管料1年分含) 50,000円
1個(トップ1本)につき 5,000円
感染症加算(1回につき) 30,000円
更新 数関係なく1年間 50,000円
胚融解 1回につき 20,000円
アシステッドハッチング(AH) 1回につき 20,000円

※更新は1回の採卵・凍結毎→3回分の凍結胚・精子を更新なら3回分必要

休日加算(日・祝) 採卵・移植日 30,000円

助成金について

不妊検査助成(一般不妊治療)

東京都では不妊検査及び薬物療法や人工授精等の一般不妊治療にかかる費用の一部の助成があります。

事業の概要
保険医療機関にて行った不妊検査及び一般不妊治療に要した費用について5万円を上限に助成します。
夫婦1組につき1回に限る。
対象者
① 検査開始日において法律上の婚姻関係にある夫婦であること。
② 検査開始日における妻の年齢が40歳未満であること。(夫の年齢制限はなし)
 平成31年3月31日以前の検査は開始日における年齢が35歳未満の場合に適用。
③ 検査開始日から申請日までの間、夫婦いずれかが継続して都内に住民登録していること。
④ 保険医療機関において夫婦ともに助成対象の検査を受けていること。
対象期間
検査開始日から1年間
1年以内であっても、妊娠が判明した場合や特定不妊治療に移行した場合は、その段階で助成対象期間は終了します。

*対象や期間・申請など詳しくは 東京都福祉保健局のホームページで確認してください

東京都特定不妊治療費助成(生殖補助医療)

東京都は、高額の治療費がかかる特定不妊治療について、医療保険が適用されない治療費の全部又は一部を助成しています。
助成の対象となる治療は、体外受精及び顕微授精です。

事業の概要
治療1回につき、以下の助成額上限まで助成します。(初めて助成を受ける場合、上限額額はカッコ内の額)
治療ステージA     20万円(30万円)
治療ステージB     25万円(30万円)
治療ステージC・F   7万5千円
治療ステージD・E   15万円(30万円)

「1回の治療」とは、採卵準備のための投薬開始から、体外受精・顕微授精1回に至る治療の過程を指します。
また、以前に行った体外受精・顕微授精により作られた受精胚による凍結胚移植も1回とします。
複数回の治療を受けた場合、「治療終了日」の早い順番で承認されます。初回(1回目)として助成を受けた治療よりも前に終了していた治療を、後から承認することはできません。
その他「対象者要件」や「助成対象となる治療内容」など詳しくは東京都福祉保健局のホームページで確認してください。

ikuryo shop 当院のグッズの販売も行っております。
RECRUIT 職員募集 募集要項はこちら
当院の分院のご紹介 医療法人社団 春晃会 武蔵小杉レディースクリニック