新着情報

2021.07.05お知らせ

新型コロナウィルスワクチン接種について

新型コロナウイルスのワクチン接種についての問い合わせが増えておりますので、
当院としての考えを下記にまとめてますのでご覧ください。
院長のブログでも掲載しております。【ワクチン接種についてのブログ記事】

※当院では、コロナワクチン接種を行なっておりませんので、ご了承下さい。

【妊娠中・授乳中のコロナウイルスワクチンQ&A】

 当院では、
・妊婦さんのご希望があれば接種
・迷われている場合は同居している成人の方に接種を推奨しています。ご質問がある方はご相談ください。

Q1:妊娠中・授乳中・妊娠を計画中ワクチン接種できますか?

 A:できます。
  妊婦さんに対する安全性(中・長期的な副反応、胎児および出生児への安全性)は確立しておりませんが、
  現時点では世界的に接種のメリットがリスクを上回ると考えられます。
  接種のメリットとデメリットをよく検討して接種を判断していただくこととしています。

  参考:厚生労働省(2021.3.1)

  参考: 日本産婦人科感染症学会・日本産科婦人科学会(2021.5.12)


Q2:接種のメリットが高い人は?

 A:下記の方は積極的に考慮する
 ・感染リスクが高い医療従事者
 ・重症化リスク高い肥満や糖尿病など基礎疾患を合併している方

  参考: 日本産婦人科感染症学会・日本産科婦人科学会(2021.5.12)


Q3:妊娠中避ける期間は?

 A:妊娠週数に関わらず、初期から接種可能です。

 参考: 日本産婦人科感染症学会・日本産科婦人科学会(2021.6.17)


Q4:妊娠を計画中の場合はいつワクチン接種をすれば良いですか?

 A:可能であれば妊娠する前に接種を受けるようにする。
  生ワクチンではないので、接種後長期の避妊は必要ありません。

  参考: 日本産婦人科感染症学会・日本産科婦人科学会(2021.5.12)


Q5:家族の人は接種必要?

 A:妊婦のパートナーは、家庭での感染を防ぐために、ワクチン接種を考慮してください。

  参考:日本産婦人科感染症学会・日本産科婦人科学会(2021.5.12)

Q6:副作用で発熱した場合は解熱剤は内服できますか?

 A:アセトアミノフェンは内服していただいてかまいません。当院でも処方できます。

  参考: 日本産婦人科感染症学会・日本産科婦人科学会(2021.6.17)

ikuryo shop 当院のグッズの販売も行っております。
RECRUIT 職員募集 募集要項はこちら
当院の分院のご紹介 医療法人社団 春晃会 武蔵小杉レディースクリニック