病院概要

TOP > 育良クリニックについて > 理事長のメッセージ

理事長のメッセージ

理事長 浦野晴美当クリニック開設の際にモットーにした事の一つに
安全な環境のもとでの自然分娩≫があります。

お産というのは、極めて個人的なことであり、その人にとって『最も良いお産』と言うのは千差万別だと思います。特に産む人自身の意識が高まり、自分のやりたい事がはっきりしてきた時、それを実現しやすい産む場所選びはとても重要な事になるでしょう。最初から、安心を求めて、総合病院や大学病院での出産を希望することも一つの方法です。メリット・デメリットをふまえた上で、無痛分娩が出来る施設を選ぶ人もいるでしょう。出来るだけ家庭的にと自宅や助産院での出産を心に決めている方もいると思います。

 しかし、このホームページにいらしたということは「アットホームな環境の中が良いけれど、助産院や自宅で産むのはちょっと不安(もしくは家族に反対された)」とか、「前回の出産が帝王切開だったけど今度は自然に産みたい」「自然分娩に興味がある」とか、「お医者さんのいる安心感があって、しかもスタッフの顔が覚えられるぐらいのところがいいな」などの希望をもっておられるのではないでしょうか。『病院』と『助産院・自宅』とのちょうど中間点にあってどちらの良さも取り入れたいなと思ったのが、このクリニックの発想です。

 ご希望の方には和室でのお産、夫や子供の宿泊、母子同室というような自宅のエッセンスを持つこと、いざという時には吸引分娩や帝王切開もできるという病院のメリットを持つこと、この2つの安全性と人間性をバランスよく兼ね備えている施設でありたいと思っております。

 お産は自然な事ですが、その中に「いつ、誰が、異常に移行するかわからない」という危険性を含んでいます。

 当院では母児のもつ自然な娩出力を大切にしながらも、何割かにおこるドロップ=アウト(正常の過程から外れそうになったり、外れてしまった状態)の方に対しても、現代の医療技術を否定することなく、必要があればためらわず、それを駆使し、安全な分娩を成し遂げていくことを目標としています。そのため、妊娠、分娩、産褥の期間を通じて、客観的なリスクの査定を繰り返すことによって、安全性を確認していくことがとても大切です。『健診に通うこと』や『必要な検査を受けること』は、必要不可欠な要素です。『自分らしく産みたい』と思っている方、そのためにはまず話し合いをたくさん持ちましょう。『自分の体の状況は、自分の希望と大きくかけ離れていないか。』『妊娠中に希望とかけ離れている点はないか。』『トラブルを起こしにくくするためにはどんな努力が必要か。』そんな一つ一つの事を、自分自身の今ある家庭の状況と医学的なアドバイスの中で、折り合いをつけていけるようにがんばりましょう。 そして、健診の機会を通じて、妊婦さんと助産師さん・お医者さんではなく、○○さんと○○さんの関係をつくった上でお産に臨めるようにしたいと心から願っております。

医療法人社団 晴晃会 育良クリニック 理事長 浦野晴美



院長のメッセージ

院長 浦野 晃義育良クリニックは長く頼っていただける存在でありたい

私が医師を志したきっかけは町医者をしていた祖母の存在が大きかったと思います。

内科医の祖母の診療所は、昭和の雰囲気漂う古びた医院でした。患者さんは近所の方々が殆どで、病院に行くというよりは、ちょっと近所の物知りお婆さんに体のことを相談しにいく感じでした。ドラマで見る格好良い医者のイメージとは全く違いましたが、私にとっては近所の人たちに頼られる頼もしい医者でした。

不安な表情で来院された方も帰られる時には笑顔になっているような患者さんたちを思うと、大きな治療は出来る施設ではなかったけれど、祖母は「納得」のいく診療をしていたのでしょう。

医学部を卒業後、麻酔科を専攻し、産科病院で麻酔をかけることもあったため産婦人科に興味を抱くようになりました。

産科は別名ブラッドビジネスと言われる位、出血する場面に遭遇する事が多いです。妊婦さんは命をかけて赤ちゃんを産みます。出産時の大量出血、血圧が跳ね上がったり、赤ちゃんの状態により一分一秒を争うような超緊急帝王切開のときなど、麻酔科時代の経験や技術がとても役に立っていると実感します。助産師が妊婦さんの主体性を重んじてお産へ導き、急変した場合にはいち早く医師がアシストし母子共に安全な出産ができるようにする事がとても重要な事だと考えております。

それも、当院の理念に謳う『安全な環境』の1つであります。1人で行う事には限界があり、医師のみではなく助産師・看護師、その人達を補助する職員達、様々な職種の全スタッフが 『安全性』と言う指標の元、一致団結して患者さんに『納得』を提供していく所存です。

そして、医療介助なく出産が出来る方には、それに必要な十分な時間を尊重した「待つお産」を行い、産み生まれる力を感じていただきます。

育良クリニックは、代官山・中目黒の地で地域の皆様に支えられて医療を行って参りました。
現在は、産科で通う妊婦さんだけではなく、婦人科でおかかりの方や生殖医療で通院されている方、乳児健診や予防接種外来でいらっしゃるお子様達で、当院もすっかり賑やかになりました。
産後も婦人科健診で通って相談していただけることは医師として大変嬉しいです。
育良クリニックは、長く皆様の健康に役立つ存在でありたいと思っております。

医療法人社団 晴晃会 育良クリニック 院長 浦野 晃義