ブログ

2021.03.23その他

今日は言わせて とらママ

また体調を崩していました、とらままです。

1週間、声が出なくなってしまっていました。一生懸命出してもかすれ声。

子どもがいると、喉を使わずに生活することは不可能。

かすれ声で怒鳴りまくる私はまるでホラー。

当然コロナも心配でした。ずっと平熱で喉以外に症状がなく、耳鼻咽喉科での診断はドライノーズ。

またやってしまった。

次男の産後もドライノーズから重度の副鼻腔炎になり、救急外来を受診し、鼻の骨に穴を開けて洗浄しました。あれは辛かった。

思い起こすと、あのとき、副鼻腔炎だと分からずに、涙、鼻水、よだれを流し、割れるような頭の痛み、首も肩もチェーンで締め上げられているように痛く、

夫に、「霊媒師をつれてきてくれ~~」と泣きながら頼み

夫の「いや、病院だろ」という判断で救外に行ったのでした。

それ以降、定期的に耳鼻科を受診して点鼻を貰っていました。鼻の奥を乾燥させないことが大事だそうです。

今回も産後の忙しさに自分のケアは忘れていたのが原因です。

今は薬を飲んで点鼻を続けたらやっと良くなってきました。

いや、私が話したいのはこのことではなく、、、

この体調不良の最中に、夫に弱音を吐いた時のことです。

辛いことを訴えると、うちの夫は「ふ~ん。」って言って、スマホで「どっかの国の人がステーキみたいな肉の塊をひたすら切る動画」を観続けたのです。

あまりに腹が立って、いや、悲しくて、夫が視界に入るのも嫌でくるりと背を向けました。

それを長男が見ていて、黙って私の手を握ってくれたのです。

翌日になっても、私の悲しさは癒えずにいました。これは産後ブルーだろうか。

夫が仕事でいないので、私と子どもだけで夕食をとっていました。

「ねえ、パパのこと好き?」と、言ってはならないことを長男に聞いてしまいました。

すると

「子どもはみんな親のことを好きなんだよ。

というか、好きになりたいんだよ。

それより、昨日のはパパの本心じゃないからね。あんなこと思ってないよ。」

と1の質問に10答えられてしまいました。

そうか。

子どもは私を好きでいようとしてくれているから、それに値する姿勢を示さないといけないんだな。

私が今日のブログで話したかったことは、ドライノーズから声が出なくなることでなく

長男から学んだこと・・・・・・

ではなく、やっぱり

私が頼った時に、夫が「どっかの国の人がステーキみたいな肉の塊をひたすら切る動画」を見ていたことだー!

とらまま

プロフィール/ Profile

育良クリニック

目黒区にある産婦人科です。
患者様へのお知らせや、妊娠育児のあれこれ配信しています。

過去のブログはこちら

投稿者/ Contributor

浦野晴美・理爺長
育良クリニック創設者。
どうでもいいことを「理爺⻑のつぶやき」でつぶやいたり産科医としてのコメントをのせます。
院長
とらママ
育良クリニックマネージャー。
2011年1月、第一子「とらさん」
2012年6月、第二子「りゅうちゃん」
2014年2月、第三子「うまくん」
2016年4月、第四子「おさる」 (すべて愛称)
を当院で出産。
妊娠・出産・育児の奮闘記を綴ること多し。
医療スタッフ
医療スタッフ
開院当初からの超ベテラン。
医療的な質問に回答したり、日々のできごとを綴ります。
育良事務局
コンシェルジュスタッフがイベントやお知らせを随時配信します。

過去の記事/ Monthly Archive

ikuryo shop 当院のグッズの販売も行っております。
RECRUIT 職員募集 募集要項はこちら
当院の分院のご紹介 医療法人社団 春晃会 武蔵小杉レディースクリニック