ブログ

2020.10.07産科

ガスケアプローチでお産の体準備 とらママ

とらままです。

夜中の1時頃、お腹がかっちかちで腰に鈍痛が続き、「いよいよか?」」

「陣痛ってこんな痛みだったけ?」と考えているうちに眠って朝を迎えていました。

今回の妊娠は、コロナの影響でマタニティスイミングには通えませんでした。

静脈瘤のひどい私は、水中で体力作りをするのが一番あっているので通いたかったです。

このままではいけないと、ガスケアプローチのオンラインクラスに参加しました。

普段は育良クリニックで行っているレッスンですが、コロナの影響で休講中です。

現在は、元当院の助産師で、ガスケアプローチ講師である内山さんが行っている

オンラインクラスをご紹介しています。(院内にポスターが貼ってあります)

私は、ガスケアプローチを2人目の妊娠中から取り入れています。

ガスケアプローチは、骨盤底筋群を保護する生活方法を学んだり、エクササイズを行うものなのですが

説明がなんとも難しいですね・・・。

わかりやすく言うと、「32歳で1人目を出産した私は産後尿漏れをするようになったのですが、

ガスケアプローチに出会い、4人目出産後も尿漏れはありません!」という効果がありました。

見た目の美しさのためのトレーニングは沢山あります。

見えない部分(骨盤底筋のあたり)を正しい状態に戻す、ということが大事だと、出産を経験した私は気付きました。

実際に、周りの友人で、私よりも若い子が「くしゃみをすると尿漏れする」「お風呂に入ったときに膣に水が入る」

などのマイナートラブルのある人が少なくはないのです。

ガスケアプローチは産後に役立つだけではなく、分娩の時の姿勢や呼吸などにも良かったです。

強くいきむことも無く、出産出来たと思います。

1回2回の受講では習得は難しいのですが、ガスケアプローチを知って意識するだけで、身体への負担は全然違います。

内山助産師は、個々に合わせたレッスンをわかりやすくしてくれるので、お勧めです。

産まれなかったら、また明日。

とらまま

プロフィール/ Profile

育良クリニック

目黒区にある産婦人科です。
患者様へのお知らせや、妊娠育児のあれこれ配信しています。

過去のブログはこちら

投稿者/ Contributor

浦野晴美・理爺長
育良クリニック創設者。
どうでもいいことを「理爺⻑のつぶやき」でつぶやいたり産科医としてのコメントをのせます。
院長
とらママ
育良クリニックマネージャー。
2011年1月、第一子「とらさん」
2012年6月、第二子「りゅうちゃん」
2014年2月、第三子「うまくん」
2016年4月、第四子「おさる」 (すべて愛称)
を当院で出産。
妊娠・出産・育児の奮闘記を綴ること多し。
医療スタッフ
医療スタッフ
開院当初からの超ベテラン。
医療的な質問に回答したり、日々のできごとを綴ります。
育良事務局
コンシェルジュスタッフがイベントやお知らせを随時配信します。

過去の記事/ Monthly Archive

ikuryo shop 当院のグッズの販売も行っております。
RECRUIT 職員募集 募集要項はこちら
当院の分院のご紹介 医療法人社団 春晃会 武蔵小杉レディースクリニック